コンテンツ本文へスキップ
0%

自由診療

自費注射

など

にんにく注射(アリナミン注射)

にんにく注射は通称で、正確にはアリナミン注射と言います。アリナミン注射は、ビタミンB1の一種であるチアミンが含まれた注射薬です。
チアミンは体内でエネルギーを生成する際に必要な重要なビタミンであり、神経や筋肉の正常な機能をサポートするのに役立ちます。

美容点滴としては以下の効果があります。

  • 疲労回復
    チアミンはエネルギー生成に関与しているため、体の疲れを取り除くのに役立つとされています。
  • 美肌効果
    アリナミン注射には、抗酸化作用があると考えられるビタミンB群の成分が含まれています。
    これにより、肌の老化を防ぎ、美肌効果が期待されることがあります。
  • ターンオーバーの促進
    チアミンは皮膚細胞のターンオーバーを助けるとされており、肌の新陳代謝を促進する可能性があります。

また、アリナミン注射は一般的に安全な治療法ですが、副作用が発生する可能性もあります。

以下は一般的な副作用のいくつかですが、個人によって異なる場合がありますので、注意してください。

  • 注射部位の痛みや血管痛
    アリナミン注射は一般的に通常血管内に行われるため、穿刺部に一時的な痛みや血管痛が生じることがあります。
  • アレルギー反応
    アリナミン注射に含まれる成分に対してアレルギー反応が起こる場合があり、蕁麻疹、かゆみ、皮膚の発疹、呼吸困難などが見られることがあります。
  • 頭痛やめまい
    アリナミン注射が原因で頭痛やめまいを感じることがありますが、通常は一時的なものであり、すぐに治まることが多いです。
  • 胃腸の不快感
    注射によって胃腸の不快感、吐き気、消化不良などが起こることがあります。
  • 低血圧
    まれに、アリナミン注射によって一過性の低血圧が引き起こされることがあります。

これらの副作用は一時的なものであり、ほとんどの場合、自然に改善します。

料金詳しくはお問い合わせください

ビタミンC点滴

ビタミンCは水溶性のビタミンであり、経口摂取でも吸収することができますが吸収率は低いです。
点滴によって直接体内に入れることで、吸収率を高めることができます。

以下は一般的に考えられている効果の一部ですが、個人差や適応症によって効果が異なる場合があります。

  • 抗酸化作用
    ビタミンCは強力な抗酸化作用を持っており、活性酸素やフリーラジカルといった酸化ストレスから細胞を保護する効果が期待されています。
    これにより、細胞の老化を遅らせる可能性があります。
  • 免疫機能のサポート
    ビタミンCは免疫システムを強化するのに役立つとされています。
    適切な量のビタミンC摂取により、感染症への抵抗力が向上すると考えられています。
  • コラーゲンの生成促進
    ビタミンCはコラーゲンの生成をサポートする役割を果たします。
    コラーゲンは肌や結合組織の主要な成分であり、肌のハリや弾力を保つために重要です。
  • 疲労回復効果
    ビタミンCはエネルギー代謝に関与しており、疲労回復に役立つとされています。
  • 鉄の吸収促進
    ビタミンCは鉄の吸収を促進する作用があります。
    鉄は血液中のヘモグロビンの主成分であり、酸素の運搬に必要です。

また、ビタミンC点滴には低用量と高用量のものがあります。
国産のビタミンC製剤はビタミン不足患者に用いる医療目的に作られており、また長期保存防の観点からも腐剤を使用していることから、高用量を一度に点滴することができません。 そのため国産の製剤を使用する場合は低用量での投与となってしまいます。
しかし、外国産の製剤は美容目的に使うことが前提で作られていますので防腐剤も入っておらず、高用量で使用することができます。

高濃度ビタミンC点滴の副作用は通常軽度であり、多くの場合は一時的なものです。
しかし、高濃度のビタミンCを投与する場合、適切な用量と投与方法を確保することが重要です。

以下は一般的な副作用のいくつかですが、個人によって異なる場合があります。

  • 注射部位の痛みや血管痛
    高濃度ビタミンC注射は、通常血管内に行われるため、穿刺部に一時的な痛みや血管痛が生じることがあります。
  • アレルギー反応
    高濃度ビタミンCに対してアレルギー反応が起こる場合があり、蕁麻疹、かゆみ、皮膚の発疹、呼吸困難などが見られることがあります。
  • 胃腸の不快感
    高濃度ビタミンC注射を受けた後に、胃腸の不快感、吐き気、下痢などが生じることがあります。
  • 頭痛やめまい
    高濃度ビタミンC注射が原因で頭痛やめまいを感じることがありますが、通常は一時的なものであり、すぐに治まることが多いです。

これらの副作用は、高濃度ビタミンC注射によってビタミンCが一時的に体内に増加することに起因する可能性があります。

料金詳しくはお問い合わせください

グルタチオン点滴(白玉点滴)

グルタチオン点滴は、抗酸化作用や美白効果を期待して使用される点滴療法の一つです。
グルタチオンは体内で合成される三ペプチド(アミノ酸の一種)であり、抗酸化物質として有名です。また600mg以上を一度に点滴することで美白効果が強くなるために「白玉点滴」と呼ばれたりしています。

一般的な効果は以下になります。

  • 抗酸化作用
    グルタチオンは細胞内の酸化ストレスを軽減し、細胞をダメージから保護する抗酸化作用を持ちます。
    これにより、細胞の老化を遅らせる可能性があります。
  • 美白効果
    グルタチオンはメラニンの生成を抑制し、シミやそばかすの軽減に役立つとされています。
    そのため、美白効果が期待されることがあります。
  • 免疫機能のサポート
    グルタチオンは免疫システムを強化する効果があるとされています。
    適切な免疫機能は健康な肌を維持するために重要です。

グルタチオン点滴は一般的に安全な療法とされていますが、個人差によって副作用が現れる場合もあります。

以下は一般的な副作用の一部です。

  • 注射部位の痛みや血管痛
    グルタチオン点滴は通常血管内に行われるため、穿刺部に一時的な痛みや血管痛が生じることがあります。
  • アレルギー反応
    グルタチオンに対してアレルギー反応が起こる場合があり、皮膚のかゆみ、発疹、呼吸困難などが見られることがあります。
  • 頭痛やめまい
    点滴後に一時的な頭痛やめまいを感じることがありますが、通常は自然に治まります。
  • その他の一般的な副作用
    注射によって一時的な吐き気や下痢、消化不良などが起こる場合があります。

グルタチオンの用量が多くなるほど副作用が出やすくなることもありますので注意が必要です。

料金詳しくはお問い合わせください

プラセンタ注射

プラセンタ注射は、胎盤(プラセンタ)から抽出した成分を注射薬として使用する美容施術の一つです。
プラセンタには、成長因子、アミノ酸、ビタミン、ミネラルなどが含まれており、美容効果が期待されています。

効果としては以下が挙げられます。

  • 皮膚の美白・美肌効果
    プラセンタに含まれる成分が肌のターンオーバーを促進し、シミやそばかすの改善、肌の透明感を高める効果が期待されています。
  • 皮膚の保湿効果
    プラセンタに含まれるアミノ酸や成長因子が、肌の保湿力をサポートし、しっとりとした肌を保つ効果があります。
  • 皮膚のハリ・弾力向上
    プラセンタに含まれるコラーゲンやエラスチンの生成を促進する効果により、肌のハリや弾力が向上するとされています。
  • 疲労回復効果
    プラセンタに含まれる栄養素が体内の疲労回復をサポートし、元気や活力の向上が期待されます。

プラセンタ注射は一般的に安全な施術とされていますが、個人によって副作用が現れる可能性があります。

以下は一般的な副作用の一部です。

  • 注射部位の腫れや痛み
    プラセンタ注射は通常筋肉内に行われるため、注射を受けた部位に一時的な腫れや痛みが生じることがあります。
  • アレルギー反応
    プラセンタに対してアレルギー反応が起こる場合があり、皮膚のかゆみ、発疹、呼吸困難などが見られることがあります。
  • 消化不良
    注射後に一時的な消化不良や胃腸の不快感が起こることがあります。

また、日本赤十字社は『プラセンタ注射につきまして、平成18年10月10日から、厚生労働省の指示により、ヒト由来プラセンタ製剤を注射された方からは、安全性が確認されるまで当分の間は献血をご遠慮いただいています。』としていますので献血をされている方は注意が必要です。

料金詳しくはお問い合わせください

男性ホルモン注射

男性ホルモン注射は、テストステロンを補充するために使用されることが一般的です。
テストステロンは男性の性ホルモンであり、筋肉量や骨密度、赤血球生成などに関与しています。

一般的な効果は以下になります。

  • ホルモンバランスの調整
    男性ホルモン注射は、テストステロンレベルを調整するために使用されることがあります。
    テストステロンのバランスが重要で、不足している場合にはさまざまな健康上の問題が引き起こされる可能性があります。
  • 筋肉量や筋力の増加
    テストステロンは筋肉量や筋力の増加に寄与するとされています。
    男性ホルモン注射を受けることで、これらの効果が得られることがあります。

男性ホルモンの注射を行う際には、適切な用量や頻度があります。定期的に採血を行うなどをして副作用の出現を低減させることができますが、日々の自己チェックは必要になります。

一般的な副作用に関しては以下になります。

  • 注射部位の腫れや痛み
    男性ホルモン注射は通常筋肉内に行われるため、注射を受けた部位に一時的な腫れや痛みが生じることがあります。
  • 過剰なテストステロン
    過剰なテストステロンが体内に存在する場合、さまざまな副作用が生じる可能性があります。
    これには、肌のニキビ、不安、興奮、性的な異常、睡眠障害、心血管の問題などが含まれます。
  • 他のホルモンバランスの影響
    テストステロン注射が他のホルモンバランスにも影響を及ぼす可能性があります。
    適切な監視と調整が必要です。
料金詳しくはお問い合わせください

肝機能強化注射

肝臓機能改善剤としてネオファーゲン注射液を使用します。

一般的な効果は以下になります。

  • 肝機能の改善
    ネオファーゲンに含まれる有効成分である「グリチルリチン酸ジカリウム」は、肝細胞の保護に寄与し、肝機能の改善を促進するとされています。
  • 肝細胞の修復
    グリチルリチン酸ジカリウムは、肝臓の細胞を保護・修復する効果があるとされています。
  • 抗酸化作用
    グリチルリチン酸ジカリウムには抗酸化作用があり、細胞の酸化ストレスを軽減する効果が期待されます。

ネオファーゲン注射は重篤な副作用は比較的まれであり、一般的に安全に使用されていますが、個人によっては副作用が出ることがあります。

一般的な副作用は以下になります。

  • 注射部位の痛みや血管痛
    ネオファーゲン注射は、通常血管内に行われるため、穿刺部に一時的な痛みや血管痛が生じることがあります。
  • 胃腸障害
    吐き気、嘔吐、胃部不快感、食欲不振、腹痛、下痢などの消化器系の症状が現れる場合があります。
    特に高用量での投与や長期間の使用により起こることがあるとされています。
  • アレルギー反応
    ネオファーゲンに対してアレルギー反応が生じることがあります。アレルギー症状として、発疹、かゆみ、蕁麻疹、顔面浮腫、呼吸困難などが報告されています。
  • その他の副作用
    頭痛、めまい、頭重感、皮膚の紅斑、手足の腫れ、動悸などの副作用が報告されています。
料金詳しくはお問い合わせください

二日酔い改善点滴

二日酔い改善点滴は、二日酔いの症状を緩和する目的で行われる点滴療法です。
アルコールの過剰摂取によって引き起こされる二日酔いの症状を軽減するために使用します。

点滴内には以下のものが入っています。

  • 輸液
    飲酒によって脱水症状が生じているため、輸液を行います。輸液により、体内の水分や栄養素を補給し、脱水を改善します。
  • ビタミン剤
    アルコールの摂取によってビタミンの消耗が増えることがあるため、ビタミンB群を補充します。
  • 抗吐剤
    吐き気や嘔吐がある場合には、抗吐剤を使用して吐き気を緩和します。

なお、二日酔い改善点滴は一時的な症状の緩和を目的とした処置であり、二日酔いそのものの原因やアルコールの代謝を促進する効果はありません。

また、点滴量が多いために滴下終了までに時間がかかります。年齢にもよりますが1本終了するのに1時間前後かかります。

料金詳しくはお問い合わせください
コンテンツ本文の先頭へ戻る ページの先頭へ戻る